まだイケる、敦賀のハゼ & 良型アオリイカ

今日も敦賀で食材確保

前回、前々回と、ハゼを大漁に釣ったわけですが、
もちろん全部は食べきれず。半分程度は背開きの
下処理をして冷凍。いつでも天ぷらが食べれる
状態にしてあります。
今回は冬に向けストックを増やすべく、またもや
ハゼを狙って釣行です。

今日の作戦は

前日の雨で水温が下がっていて、ハゼがエサを
追いかける距離がより短くなることが予測される
状態。今日の作戦は、いつもの対岸、土手側から
底の状況を見ながらピンスポットで攻める作戦
です。
これなら根掛かりを減らし、ハゼの目の前にエサを
落とすことができます。

思っていたよりも…

到着した川で水温を測ってみると、17.4℃。
やはり前回より水温が下がっていて、「今日は
難しいかも?!」
そんなことを思って準備をしていると、嫁が先に
キャスト。
「釣れたよ〜。」とすぐさまヒット。
2投目、3投目もポンポンッとハゼを掛けて行き
ます。
「あれ?! 釣れるねぇ…σ(^_^;)」
水温が下がっていても釣れるのか、作戦が
良かったから釣れるのか分かりませんが、思って
いたよりアタリます。

それなりに釣れるけれど…

アタリもあり、それなりに釣れるんですが、ただ
前回と比べ15㎝に満たない小さなハゼも掛かって
来て、なかなかキープする数が伸びません。
徐々に下流に向かって移動し、サイズアップを
狙いながら竿を出していきます。
途中、掛けたと同時に水面をジャンプし、
スリリングなやりとりをした16.5㎝

掛けた瞬間からグイグイ引いた18.5㎝

引きごたえ十分の15㎝と16㎝のダブル

と、良い場面もありましたが、キープとリリースが
1:1の比率でしょうか、釣れる割にはクーラーに
溜まっていきません。
そして、土手の上を行ったり来たり、密度の濃い
所を探りながらの釣りが続け、エサが無くなった
ところでハゼの部は終了。
思っていたよりは良く釣れ、秋が深まって
来ましたが「まだまだイケるんじゃないの?!」と
思わせる釣行となりました。

暗くなったらアオリイカ

さて帰り際、薄暗くなった河口を覗いてみたら
釣り人は2〜3人。
「これなら狙いのポイントに入れそうだし、
ちょっとやってみますか。」と、今度は
アオリイカを狙います。
帰ってハゼを捌かなきゃいけないので、
アオリイカの部は30分のみの短時間勝負。
ハゼ用のライトタックルなので、エギは2.5号を
セットし、早速スタートです。

エギをローテーションしてみたら

まずは私のテッパン、ピンクのエギからスタート。
3〜4投して反応がないので「まだ光量もあるし、
地味目かなぁ」とコノシロカラーにチェンジ。
すると2投目。
シャクった瞬間にズシンと来て、1匹目ゲット♪

幸先が良いですねぇ(*≧艸≦)
ポイントを休めるために別方向に投げてみますが
こちらは反応無し。

劇渋のイカを攻略

「そろそろ先程のポイントに投げてみようかなぁ」
とキャストしてみると、フォール中、グンッと
竿先が引っ張られた!!
合わせても空振りで、イカだったのか、魚が
ラインに当たっただけなのかは分からず…。
「まだいるよねぇ。」
エギのカラー替えて投げてみると、今度はバシッと
イカパンチ!!
「相当警戒してるねぇ。」
では、フォール後のステイをちょっと長めにして
底でユラユラさせてみます。
そして次にシャクった瞬間、
「ズシンッ!!!」
やっぱり乗りました!!
ライトタックルなんで、なかなかスリリングな
やり取りをし、「抜けるかな…」とヒヤヒヤ
しながら抜き上げたのは、先程よりサイズアップ
した良型。

ニヤケながら写真を撮ったところでちょうど
タイムリミット。
30分で2匹釣れれば上出来でしょd(^_^o)
本日はこれにて終了。
ハゼもアオリイカも良い釣りができた1日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ハゼが忘れられず…